作家紹介
- ARTISAN -

熊倉 聖祥先生

人形業界の巨星 熊倉聖祥
この方なしに節句業界は語れない超大物!
節句業界に流通する約80%が熊倉聖祥氏原作の頭(かしら)だといわれております。
類まれな才能とあくなき探究心から創り出される作品の数々は見るものを魅了し続けます。
節句人形のレベルを底上げした第一人者です。

略歴

1931年
新潟県に生まれる
1947年
日本人形界の戸部瑞松を師に人形界に入る
日本人形界の藤野永照斎門下に入る
1950年
人形制作の一方で日本画家、桐岡進氏に、絵画を学ぶ
1955年
日展、長谷川宏氏(号・雅宣)を師に、彫塑を学び、絵画と彫塑を同時に勉強す
1957年
藤野永照斎より独立したマネキン業界に入り、主に原型制作にあたる
1972年
日本人形業界に復帰、創作の制作に入る
1976年
絵画では日本画より油絵(洋画)に転向し、グループ店を主に11回出品す
1987年
内閣総理大臣賞(日本人形協会)、その他各種賞を受ける
1995年
11月紫ギャラリー(東京都千代田区有楽町にて古典を開催する)
1996年
朝日新聞(3月3日付)の「ひと」の欄で全国に紹介されるミキモト本店ホール(東京都中央区銀座)にて個展を開催する
現在
人形(ひとがた)造形制作活動に専念する

稲邊 智津子先生

略歴

1986年
日本創作人形協会展ラドール賞
1991年
JIAC国際親善美術展出展(東京都美術館/上野) 以降’96年まで
1997年
INTERNATIONAL DOLL ART(ドイツ・フランクフルト)出展 以降’00年まで
2004年
環アジア教育芸術交流会 実行委員長賞

齊藤 公司先生

略歴

1935年
埼玉県に生まれる
1955年
故清水安五郎に師事し人形業界に入る
1966年
人形の街さいたま市岩槻にて独立創業
2001年
埼玉県伝統工芸士認定
2008年
経済産業大臣指定伝統工芸士認定
現在
内閣総理大臣賞、通産大臣賞、文部大臣賞など受賞多数

平安 雛幸先生

略歴

1855年
安政二年 初代雛幸、京都にて雛人形作りを始める。
1914年
二世雛幸、東京大正博覧会にて「三代将軍御庭遊人形」(二世雛幸作)が宮内省より御買上賜る。
1970年
三世雛幸、有職雛人形の技法継承の功績により、黄綬褒章を授く。
1989年
現四世雛幸、伝統工芸士に認定され、有職雛人形司として数多くの創作雛を手がけ現在にいたる。

金林 真多呂先生

略歴

1932年
東京に生まれる。幼少の頃より、父である初代 真多呂に師事。
1955年
日展評議委員 故 安田周三郎氏に塑像を学ぶ。
日本芸術院会員 故 澤田政廣氏に師事してデッサンを学ぶ。
1969年
株式会社 真多呂人形 代表取締役社長に就任。
1972年
二世 真多呂を襲名と同時に 真多呂人形学院長に就任。
1978年
通産大臣指定の伝統工芸士の認定を受ける。
1986年
東京都ひな人形卸商協同組合理事長に就任。
1988年
社団法人日本人形協会会長に就任。
1998年
藍綬褒章授章

天祥公式ブログ

ページ先頭へ