五月人形Q&A
- GOGATSU DOLL Q&A -

このページでは、五月人形だけでなく、端午の節句にかかわる 様々な疑問の答えや豆知識を載せています。
五月人形を飾るのがはじめての方や、もっと深く意味を 知りたい方など、たくさんの方に楽しんでいただけると思います。

それぞれの意味を知ることで、端午の節句という行事をより身近に感じ、より楽しめるのではないでしょうか。

五月人形の由来は?

節分の豆まきも同様ですが、古来よりわざわいは家の外から侵入してくると考えられていました。
それを防ぐため江戸時代の初期、武家では端午の節句に幟や長刀などの武具類を屋外に飾ったのです。

町民たちもそれを真似て、家の前に柵をつくり、そこに作り物の兜や長刀、槍、幟、吹流などを立て並べました。
このとき、町民たちは天の神様に降りてきていただく目印として、兜の頂の部分に勇ましい人形の細工物をのせる工夫を施しましたが、のちにこの兜から人形が独立して飾られるようになり、これが五月人形のそもそもの始まりであるといわれています。

五月人形は誰がいつ買うの?

父方の実家がそろえる場合も、母方の実家から贈られることもあります。
最近ではこいのぼりと内飾りを両家で持ちあったり、かかった費用を折半することもあります。
5月飾り縁起物ですが、勇壮な姿を楽しんでいただくため、3月下旬から遅くとも4月中旬ごろまでの間に飾るのが良いでしょう。

お父さんやお兄ちゃんの五月人形を赤ちゃんにゆずってもいいのですか?

五月人形は、それぞれの子どもの幸福を祈るという意味からいうと、本来は別々に揃えたいものです。
やむをえずお父さんの五月人形を飾る場合にも、何かそのお子さんの「お守り」となるような品や記念の人形を求めて一緒に飾ってあげるのがよいでしょう。

初節句のお祝いへのお返しはどのようにしたらよいのでしょうか?

基本的に、初節句に頂いたお祝いにお返しは必要ありません。
近親者から五月人形を贈られたのなら、初節句のお祝いの席にお招きするのがいちばんですし、遠方なら、お節句の後、五月人形と一緒に写した赤ちゃんの写真を添えたお礼状を早めに出しましょう。

天祥公式ブログ

ページ先頭へ