雛人形Q&A
- HINA DOLL Q&A -

このページでは、雛人形・雛祭り・初節句に関連する豊富なコンテンツをきれいな写真をまじえてご紹介しています。
また初節句のマナーやお祝いの仕方など実際に使える知識も盛り沢山。お子さまがいらっしゃる方は、是非一緒にご覧下さい。

ページをご家族でご覧いただきながら、「ほんわか楽しいひととき」を過ごしていただけることと思います。

なぜ女の子の節句が3月3日なのですか?

3月の「初めの巳(み)の日」に、災いを人形に移して厄ばらいする「上巳節(じょうしせつ)」という行事がありました。
また古くから、子供の身のけがれや厄災などを「天児(あまがつ)」「這子(ほうこ)」と呼ばれる人形に身代わりとさせる風習がありました。
江戸時代となり、この「上巳節(じょうしせつ)」と人形を厄災の身代わりにさせる風習が結びつき、「ひな祭り」となりました。
人形を使った古来からの、おままごと遊び「ひいな遊び」が結びついたとも云われています。

また、3月3日はちょうど桃の花の季節でもあり、桃には邪気を払う力があると信じられていたことから、ひな祭りの日は「桃の節句」とも言います。

ひな人形は、大人になっても飾っても良いものでしょうか?

問題ございません。
子供のころだけや結婚するまでしか飾れないものではありません。

お祖父さんお婆さん、もしくはご両親からプレゼントされた大切なお守りですので、末永く大切にお飾りください。
お子さまにプレゼントされた雛人形や、お孫さんにプレゼントされた雛人形とご一緒に、三代飾りしていただくと一層華やかです。

木目込み人形とは何ですか?

桐の木を細かく砕いて粉末にした「桐糊」を型抜きし、それに金襴や友禅などの布地をヘラで入れ込んで(木目込む)着せ付けていく、お人形のことです。

江戸中期より作られるようになり、衣裳着よりも造形的なできばえが特長になっています。

男びなと女びなの左右の配置は決まりがありますか。

古来の日本文化では、男性は向かって右、女性は向かって左とされてきました。
現在でも京都地方ではおひな様もそのように配置されています。
しかし、それ以外の地域では逆に右にお内裏様、左におひな様を飾る傾向にあります。
これには昭和天皇の即位礼に倣ったとか、西洋化の影響など諸説あります。ですから、ご家庭毎に配置を決めてかまいません。

天祥公式ブログ

ページ先頭へ